いつでもどこでもそこが仕事場になる。

外出先で仕事をする私にとってモバイルWifiルーターは必須のアイテムです。
私の仕事カバンには、モバイルPC、タブレット、そしてモバイルWifiルーターが必ずと言っていいほど入っています。

 

これさえあれば、ちょっとしたカフェのテーブルがモバイルオフィスに早変わりです。
最近ではスマホやタブレットにもデザリング機能が搭載されていますし、カフェに入ると携帯各社のWifiから繋ぐことができたりで、モバイルWifiルーターの必要性は低くなったとはいえ、速度制限があったり、バッテリーの消耗が激しかったりで、やはりそれだけでは不安です。

 

私のようなハードユーザーにはやっぱりモバイルWifiルーターが必要になります。
特に出先でパソコンを使用する際には必須アイテムとなります。

 

私はソフトバンクのモバイルWifiを使っていますが、この機種はカフェに流れるソフトバンクWifiに繋ぐこともできますので、速度制限もそれほど気にせずに使うことができます。
これは想像以上に大きな特典ですね。

 

タブレットで調べ物をして、それを元に資料を作成する。
そこはまるでMyオフィスです。

 

そしてモバイルWifiルーターの多くは外部記憶媒体としても使うことができます。
最近作成した資料はクラウドを介して保存することが多くなったのですが、会社の共有パソコン等で作業する際には、クラウドで個人パスワードの痕跡を残すのはちょっと…というときに、モバイルWifiルーターに保存しておいたファイルを開けばもう怖いものなしです。

 

古い保存方法のように思われる外部記憶媒体での保存も意外と使える優れモノです。
今日もどこでもWifi、どこでも作業です。